Japanese/English

当庵のホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。

新型コロナウイルスに感染した方々の一日も早い快復を心から願います。

また、感染拡大を防ぐため市民生活を支えるために日夜努力を続けていらっしゃる皆さまに、感謝と敬意を申し上げます。


 

蒼風庵は1棟貸しの金澤町家です。アルコール消毒の徹底や空気清浄機の設置、換気等、建物内の感染防止には細心の注意を払っております。

尾﨑神社近く、近江町市場まで徒歩3分という町中にありながら、緑に囲まれ小鳥の声が聞こえるたいへん静かで落ち着いた環境です。 

2020年7月に完成した金沢城公園の鼠多門と鼠多門橋まで徒歩2分。「百万石回遊ルート」を巡る歴史と癒しの時をお楽しみください。

 

日々の暮らしのすぐそばにある‶やすらぎの時”を皆さまに過ごしていただきたいと願っております 


≪GoToトラベルキャンペーン割引対象>プラン

皆様にご利用いただけるよう、ただ今準備中です

しばらくお待ちください


!地元のお客様限定!宿泊プラン


一棟貸切!

たいへんおとくな料金☆半額✩

金沢美味クーポン2,000円券進呈(先着10組さま)~

一泊素泊まり

お一人様 5,200円(消費税・宿泊税込)

※定員 6名

※平日のみ(土・休前日をのぞく)

※禁煙

 

 

檜の香る五右衛門風呂

シモンズ製シングルベッド2台・布団4組

夕朝食は持ち込みや自炊可能です。

また、お好みに合わせて近くのお店の紹介やデリバリー対応もいたします。

その他、ご不明な点等ございましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。お問い合わせはこちら

 


地元限定プランご予約

※チェックインの際にご住所を確認できるものをご提示ください(免許証・保険証など)。

※一棟貸切のため、お申し込みのタイミングにより、ご利用いただけない場合がございます。

※ご予約確認のメールを差し上げた時点でご予約確定となります。

通常24時間以内に返信いたします。万一、返信が届かない場合、たいへん恐れ入りますが、再度の送信をお願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です




期間限定 テレワーク応援プラン



1日一組限定(8時~18時)

 

ご利用料金 

1日 5,000円

2日 9,500円

3日13,500円 

4日17,000円

5日20,000円

*宿泊を伴う場合は料金別途

1,2階全4室

Wi-Fi・駐車場・キッチン完備

禁煙

ご利用は金沢市及び金沢市近郊にお住まいの方に限ります。

連続してご利用の場合、ご利用開始時に鍵をお渡しします。

夜間や外出の際には警備をかけることができるので、室内に持ち物を保管しておいても安心です。

1日1回施設管理のため管理者が巡回します。

お支払は、事前に銀行振り込み、またはクレジットカードでのお支払いをお願いいたします。

他のご利用がある場合、または建物内の感染防止が十分ではないと判断される場合には、ご利用をお断りします。


メモ: * は入力必須項目です



蒼風庵について

風庵は、昭和4年頃に建てられた築90年の金澤町家です。 当初は、輪島町長さんが金沢へ出張の折の別邸として住まわれていたそうです。3代に渡って大切に住み継がれてきたこの町家が、茶室のある一棟貸し切りの宿になりました。

 

蒼風庵を営む女将は、金沢育ち。幼いころ、犀川のほとりに佇む町家で暮らした記憶が鮮明に残っています。また、加賀百万石前田家以来の武家文化の伝統を守りつつ、進取の気風を失わなかった金沢の歴史や文化を肌感覚で理解しています。近年急激に変化する市内の様子を見ながら、金沢の風情ある町並みをつくる町家を守りたい。そして、金沢市民がたしなみ楽しんできた日常を皆様に紹介したいというおもいで、蒼風庵を開業いたしました。

 

子どもの頃から親しんでいるお習字は書歴40年。裏千家流の茶道や生け花は、幼いころ母と並んで稽古しておりました。宿の開業にあたり、茶道の稽古を再開しております。

 

ここ蒼風庵では、女将と一緒に書道を体験していただけます。

 

多忙な昨今 忘れかけていた景色や時間・・・

どうぞ 金澤町家の風情と文化を ここ蒼風庵で ゆっくり味わってくださいませ

                   

 女将  藤田 和代


ご利用の際には、手指の消毒や検温等、感染拡大防止にご協力をお願い申し上げます




ここ蒼風庵では文化体験をお楽しみいただけます

書道体験

墨と筆は日本の文化

扇子(せんす)や団扇(うちわ)に好きな文字を入れて金沢滞在の思い出に

墨をすり筆を持ち心をこめて書く

できた作品はお持ち帰りいただけます

きっと、世界でたったひとつの宝物になることでしょう