西町周辺 あれこれ

1年の半分が過ぎました いろいろありますが 元気でいられることに感謝して あと半年も無事にすごせるよう 日々心がけていきたいと思います

県境を越えた移動の制限が解除された週末の日曜日 蒼風庵から徒歩3分の近江町市場には 観光客と思える人の姿が 久しぶりに見られました しかし、まだ休業中の店もあり、 日曜日なので定休日という店も多く 4月に新規オープンした”ふれあい館”の前でも人はまばらです お昼時のすし店には 人が入っていましたが、 コロナ以前のような行列はありません

全国で県境を越えた移動制限が解禁になったこの週末 閑散としていた観光地に人の姿がもどってきました とはいえ、まだまだ人は少なく 人気のひがし茶屋街や主計町でも メインの通りをはずれると歩く人はまばらです

町中でホタルが飛び交う貴重な水辺 金沢城外濠公演の白鳥路では 今年もホタルの幻想的なあかりを楽しむことができました 例年ならば6月はじめから中旬ころ 今年は飛び出す時期が 少し早かったそうです 日没後しばらくして お城のねぐらに帰るカラスの声が小さくなり始めた頃 水辺の植え込みの奥で光り始め やがてふわふわと舞い出しました 見渡す中で 10から20匹ほどいたでしょうか

ここ数日の暑さが和らぎ、風が心地よい一日です 残念ながら中止になってしまった、今年の加賀百万石まつり 今日はメインの百万石行列 加賀藩初代藩主前田利家が金沢城に入場した、記念の武者行列が行われるはずだった日です 私どもが子どもの頃は利家入城の日6月14日がそのお祭りの日で、 金沢市内の小中学校は市祭でお休み 家族そろってお祭りに繰り出したものでした

金沢城公園の玉泉院丸庭園(ぎょくせんいんまるていえん)から、尾山神社へ抜ける鼠多門(ねずみたもん)と鼠多門橋(ねずみたもんばし)の復元工事がもう一息! 鼠多門を覆っていた足場が外されました 名前の由来となった鼠色の海鼠壁(なまこかべ)がよく見えます

蒼風庵がたたずむ路地の先にある尾﨑神社 加賀藩とゆかりの深い将軍徳川家康と 加賀藩2代藩主前田利常をまつる 朱色の板塀が美しい神社です 境内にある数本の桜の木が 少しずつ 花を開いてきました 夜にはライトアップされて 地域のランドマークになっています 玉泉院丸庭園に続く 鼠多門橋の工事もまもなく終わります 夜の散策も心地よい季節になってきました

新型コロナウイルスの拡大防止のため 21世紀美術館主催の展覧会を 休止していましたが 3月17日(火)より 再開しております チケット売り場には 展覧会を楽しみにしてきた 人々が並んでいます

日本海の冬の味覚 ズワイガニのオスが 加能ガニ 水色のタグが石川県で水揚げされた印です 11月に始まった漁期も今月20日まで 近江町市場でずらっとカニが並ぶのもあとしばらく

今シーズン待望の雪が降ってきました 兼六園の雪吊りには 雪が似合います 冬のライトアップイベントは16日まで おもてなしカフェと ライトアップコンサートは 15日(土)にも 開催されます 午後5時半より9時まで 無料開園 金沢城公園とあわせて お楽しみください

さらに表示する